結婚して1年で豹変した妻

結婚して変わった妻

30代 サラリーマン


私が妻と結婚をしてから、今年で10年目を迎えました。子供は、9歳と6歳になる男の子が2人います。私のこの家庭は、誰から見ても幸せに映ります。
でも最近、私は妻との離婚を真剣に考えるようになりました。それは、1年前から妻の異変を私が感じ取ったからです。


妻とは、12年前に私の友人夫婦から紹介されて、その後1年ほどの交際を経て結婚しました。
年齢は私より妻の方が1歳年上でした。出会った時の妻の印象は、童顔で可愛いタイプの女性でしたから、常に私の方が年上に見られます。
スタイルは、スリム系で少し貧弱に見えるところが特徴です。


性格は、清純で純情な女性であったから、私が一目惚れをしたのです。それに今どきにしては、交際をした相手が私を含め2人であったのがこの性格の証拠になります。


結婚後、すぐに子供を授かり長男が産まれました。その3年後には次男が産まれ、私たちは幸せの絶頂期を過ごしていました。子供が幼稚園に入園したり小学校に入学したりと、さらに幸せは続きました。
妻も毎日、子供を自転車に乗せ、駅の近くにある幼稚園までの送り迎えをしていました。
妻は、いつも笑顔で明るかったです。それに、幼稚園や小学校のママ友とランチなどをして忙しい毎日を妻は過ごしていたようです。


結婚式を終え、私たちの生活が始まりました。その生活の始まりは、私たちが生まれ育った土地から離れたところでした。
結婚と同時に、私は本社勤務になり東京に越してきたのです。当時の上司にこれでエリートコースに乗れたと言われました。


私たちは、これを機会に東京のマンションを購入しました。実はこれが妻の異変の始まりだったのです。
結婚生活が始まり、妻は芯の通った女性でありました。それは、この10年間の生活の中で、私は感じました。しかし、結婚当初から妻がときどき見潤んだ目をしているのです。私は、それは妻からでる夜の夫婦生活のサインだと感じてたのです。それも後になってから、このサインは違っていたことを知りました。


10年間の妻との家庭生活は幸せでした。それが1年前から妻の行動に変化が現れたのです。毎日、妻は潤んだ目をするようになったのです。私としては、妻が毎日、子供のことで忙しく生活をしていたから、疲れているのかとも思っていましたがこれが間違えでした。

 

潤んだ目の異変には意味があったのです。
それを完全に理解したのは、1ヶ月前に見た妻の携帯に全てが記載されていたのです。妻は10年前に東京に越してきた時から、私以外に好きな男性がいたのです。それも、私たちが住んでいるマンションから500mほどしか離れてないところに男は住んでいました。妻の携帯には、10年間の記録と男との会話の内容が日記として記録されていたのです。さらに驚いたことに、2人の子供はその男の子供だったのです。そこで妻の潤んだ目の意味がわかりました。


妻がその男と会った日は、必ず目が潤んでいたのです。私は騙せれていたのです。そこには、男の正体の記載されていました。その男は、売れない画家で貧乏だったのです。そのため、妻はその男の子供を産んで、私が育てていたのです。


これを見たときは、すぐに妻との離婚を考えましたが、今まで育ててきた2人の子供たちのことを思うと愛情が出てきて、まだ妻にはこのことを話してません。そして、私は気が弱い性格のため、この事実を知っても何も言うことができませんでした。これから、私はどのようにするか考え中です。